Home > オープンシステム

 

「私たち建築の設計者は、そこに住むお客様のために何ができるのか、何をすべきなのか」
このような発想から生まれたのが、"建築革命宣言"のオープンシステムです。建て主であるお客様にとって「建築は解りにくい、見えにくい」という部分がたくさんあります。
その原因が「多重下請け」という建築業界の悪しき構造に起因します。その構造を根底から変え、お客様と各専門業者が直接契約し、中間業者を排除することで、大幅なコスト削減と安心の住まい造りを実現することが可能となりました。
建築士は建物の設計と、その図面に基づく施工監理のプロフェッショナルです。私たちはオープンシステムを駆使することで、施主様のご要望や不安を直接お聞きし、各専門業者とのご契約から取りまとめ、工事施工に至るまで、厳しい監理を行いながら常にお客様に寄り添って、お客様ご参加の住まい造りを全力でサポート致します。
建て主・建築士・各専門業者のコミュニケーションが、マイホームの夢を具現化して行きます。
私たちの思いはひとつ、「お客様のために、私たち建築士がいる」

 

 

オープンシステムの最大のメリットは、「価格が見える」ことです。
これまでは家を建てる時、まずお客様はハウスメーカーや工務店に相談されていました。建て主であるお客様は建築物に対する専門知識がない為に、ハウスメーカーや工務店に依頼するのが当り前の事として、そこを窓口としての一括契約をされていました。
高額の見積もりに対する詳細が不明瞭にも関わらず、お客様は言われるがままに契約を結ぶのが常態化しており、設計・監理に携わる私たち建築士は建て主に見えない多額な費用を明確化して、中間マージンを排除するオープンシステムを構築しました。
お客様と各専門業者がそれぞれ直接契約する方式をとり、建築内容の一つ一つに納得した契約、意見を主張できる参加型のシステムと致しました。各専門業者の適正価格と工事の施工については、設計・監理のプロである私たち建築士がお客様の傍で最後まで厳重管理を行います。

 

 

殆んどの人が、家を建てるというのは人生の一大イベントとなります。
完成品の購入、ハウスメーカーで設計から依頼する注文住宅、設計事務所に設計を依頼して工務店に建ててもらう方法など、何れにしても建築の専門知識を持たない人が家の価格交渉をするのは、弁護士のいない裁判を行うようなものです。私たちは、不当なマージンや不明瞭な契約内容でお客様のマイホーム造りの夢が壊されないように、工事に直接携わる専門業者の選定から適正な価格管理・契約まで、お客様の専任建築士となって家造りをサポート致します。

 

 

工事を建設会社などに一括発注するのではなく、建築主が直接、基礎屋さん、大工さん、電気屋さんのように、専門工事業者に分けて発注するところです。 また、オープンシステムでは設計事務所による工事監理が100%行われます。工事監理は建築基準法にある基本中の基本で、原則、建築士による工事監理が無ければ工事をしてはいけないことになっています。
※工事監理とは、工事が設計通りに行われているかをチェックし、建築主に報告する機能です。
超高層ビルや特殊な建築の場合は、スーパーゼネコン抜きでは無理でしょうが、住宅規模の工事ならば、設計者が専門工事業者と打合せをして調整を図ることで充分可能です。住宅規模の工事の一般的なノウハウや技術は、建設会社よりむしろ専門工事業者にあります。
また、各地の会員設計事務所は互いに情報を交換し、腕の良い専門工事業者や、建材などが安く買えるルートを開拓しています。
面倒かどうかは、人により受け止め方が違うと思われます。
設計者と打合せしたり、材料を選んだり、業者を選択したり、契約書に印鑑を押したり、出来高に応じて支払いをすることが面倒ならば、オープンシステムにするべきではありません。それらのことが、面倒と思わない方には楽しい家づくりが出来るでしょう。
もちろん可能です。
銀行の融資審査は、①借り手の返済能力、②担保不動産の価値、③融資資金が住宅建設以外に流用されないことを見極めるもので、建築方式や契約形態によるものではないと思われます。
ただし、金融機関によっては、設計報酬を除外されたり、つなぎ融資を拒まれたりすることもあるようです。
そのような場合は、金融機関を変更したり、他の方法を取ることにより解決できることもありますから、ご相談ください。
起因する責任は、それを施工した専門工事業者にあります。
設計・監理に起因する責任は、それを行った設計事務所にあります。工業製品・建材などに起因する責任は、それを製作したメーカーにあります。 それぞれの責任当事者は、PL法と品確法に準じた責任を負うことを、契約約款に明記しています。